豆の量と美味しいコーヒー

美味しいコーヒーを淹れるには、豆の量とお湯の量がポイントと
なります。最近のサードウエーブの人たちは、それこそ厳密にお
湯の量を量りで管理ししてるのを見かけますが、そこまでとは言
わなくても、自分の使ってるメジャースプーンの量と、サーバー
にどれくらい落とせば、自分にとってベストなのか?を知ってる
と良いかな?と思います。

という訳で以下豆の状態でを計ってみました。


まずは左から
kono式のセットメジャー12.0g
house         10.0g
クリップ付きメジャー  6.5g
つばめ 琺瑯メジャー  7g


僕はkono式で毎朝3杯の豆を使い(36g)約400ccを落として
います。ちょっと贅沢な量なのかもしれませんが、今の所これが
自分にとってベスト。あなたも、自分に有った量を調べてみては?
いかがでしょうか?

ちなみにこれらのメジャースププーンは店頭で取り扱っています。




old CHEMEXの研究その2

 先日変わったCHEMEXを入手しました。


写真を見てください、なんかちょっと変な感じ、まずは右側の小さな方から
右が現行品です。タイプとしてはハンドブロウの形に似ていますね。
ただ僕が知ってる70年代のものとは違います。そしてちょっと小振りです。

ガラスは、パイレックス時代のものと同じくらい分厚いガラス。

底には突起があります。このタイプは始めてみました。

こちらは大きい方・・・あれ何か変です。ガラスも薄くて、フラスコのよう
な感じです。よく見ると注ぎ部分の大きなふくらみが全くありません。

珈琲の量を指す目盛りは、白いプリント。
ひょっとして、これはケメックスじゃないのかも・・・・

ケメックスっていったい何種類存在するのでしょう?



フレンチプレスでコーヒー

 本日お休みなので、近頃はやり?のフレンチプレスで、コーヒーを淹れ
てみました。


20年前に買ったフレンチプレスを、戸棚からゴソゴソ引っ張り出して・・
お湯を沸かして、豆は大振りなマグなので20gくらい、少し粗めに挽いて
みました。


豆は新鮮だと、膨らみますね。僕は800g程度を毎回まとめて買って、冷凍
庫で保存。
だいたいそれを約1ヶ月で消費します。本当は2週間以内に消費が理想なんだ
そうです。


フレンチプレスは4分で出来上がり。淹れるのにテクニックがあまり必要
ではないから、急いでるときはいがいと便利です。ただうっかり4分を忘れ
てしまうので。タイマー買わなきゃ・・・

何だかの濃厚な感じです。


オイルがこってり出てきますね。ペーパードリップにくらべて、こってり
した味わいになるような気がします。
そんなこってり感の嫌いな方も、僕の回りには結構いますが、慣れてくると
これはこれで、良いかも!って最近は思っています。


やっぱり濃厚です。オイルが浮いてるのわかりますか??

すっきりした味わいがお好みの方は、やっぱりペーパードリップかな?って
思います。

お次は、サイフォンでも試してみましょう・・・・アルコール買ってこなきゃ







自家焙煎のススメ

 先日のworkroomのイベントの際、長らく自粛していたコーヒー焙煎を、
久々にやってみたら、楽しかったので、先日もう一回やってみた。


雪平鍋を網でフタを出来るように、簡単に改造した鍋は、以前毎日焙煎を
試していたときのもの。

なぜ自粛していたかと言えば、台所が汚れるので、禁止されていたためで、
今回のように天気の良い日は、外でやるので、問題ない。(たぶん)


でも風が強くて、火がちょっと弱い感じ・・・・
12〜15分ほど手を休ませず、振っているとハゼが始まるのだが・・
なかなかハゼてくれない

ちょっと浅めだったかな??
早々飲んでみたら・・・イマイチの結果でした。

これは一人でやるより、みんなでわいわいやるのが良いですね。

本当は、先日の野沢のように山でみんなで、焚き火を囲んで焙煎したいですね。
MTBに道具一式積んで。



ラオスの珈琲

 先日久々に、中川ワニさんとお話させていただいた。
ラオスを旅していらしたワニさんは、なんだか楽しそうでした。
「ラオス行って、なんだかもっと自由で良いかなと思ったんだよ、
田中君焙煎またやったら?下手でも、機械がどうとか関係ないから」

珈琲を突き詰めるとなんだか、むずかしいことを考えがちだけど、も
っと自由に楽しむべきだと、ワニさんに言われ、「それってMORE 
COFFEEそのものだな〜」と思ったのでした。

↑ある日の朝食

そこで、ちょっとラオスの珈琲が気になって、検索したらこんな動画
を見つけました。
なんだかベトナム珈琲みたいに、練乳を入れるんですね。
氷大丈夫かな?(笑







アメリカンコーヒー

 「水で割ったらアメリカン!!」なんてコマーシャルが有りましたが、
お湯で割ったら、アメリカンコーヒーなのか?と言えば、そうではないらし
い。「アメリカンコーヒー」は和製英語らしく、浅煎りの酸味が立った珈琲
が本来の「アメリカンコーヒー」らしく、アメリカでは、weak coffeeって
のが、近い飲み物らしいです。詳しくは>>ウィキペディアへ


僕にとってのアメリカンコーヒーのイメージは、強烈に甘いドーナッツと
コーヒーがセットで思い浮かびます。
「DUNKIN DOUNUTS」はもちろん、N.Yの早朝のスタンドで買い求めた
熱々のコーヒー・・・香りは望めませんが、なんだか無性に飲みたくなるか
ら不思議ですね。






自転車と珈琲の関係

peugeout(プジョー)は、自転車の生産をやめてしまったけれど、
(正確にはとっくの昔に、プジョー自身は生産してなかったけど・・)
自転車を生産しだしたのは19世紀末だとのことだから、ずいぶんと歴史
の有る自転車メーカーなのです。

先だってもご紹介しましたが、ヴィンテージのミルをレストアしていたら
おもしろいことに気がついたのです。


写真の、ネジの部分を分解すると・・・

こんな風になります。

取り出したネジを確認していたら、「あれ?見たことのあるねじだけど?」と
思っていたら・・・気がつきました!あれです!!

スポークのニップルじゃないですか!!
(車輪の細い線を止めてるネジです)

左は現代のニップル、右がプジョーのミルに使われてるもの。
おなじでしょ?プジョーだからこそ、こんな部品が使われたのかもしれない
と思うと、なんだか楽しくなってきますね。

自転車と珈琲にこんな関係があったのです。





古いミルのオーバーホール

 コーヒーミルは、珈琲を美味しく頂くためには、無くてはならない品です。
業務用電動のミルを自宅では使っていますが、やっぱりアンティークなミル
も気になりますね。


このプジョーのミルも約50年以上前の物ですので、やっぱり綺麗にして
使いたいですね。

そこで上記の3点の工具を用意して、分解開始。

まずは裏蓋を外します。

14mmのスパナでトップのネジを外します。
その後、プライヤーで心棒の軸をはさんで固定して、ハンドルを回して外
します。(ハンドルはネジで固定されています。)


バラバラになったら、水で洗浄して良く乾かします。


心臓部の臼もなかなかの状態でした。
ワッシャーを噛ましたりして調整すると、50年前のミルもちゃんと使える
ようになるので、ちゃんとした道具って本当一生物ですね。



珈琲道具自慢

いろいろな方の「MORE COFFEE」なスタイルをご紹介するこのコーナー、
今回はトラベラーズノートを企画するチームの141さんの自慢の道具たちのお話です。


いつでも、どこでも
コーヒーを楽しみたい。
コーヒーをコミュニケーションツールと考えています。



竹の市場かごにコーヒーグッズをつめ込んで
どこにでも連れて行きます。
この人たちと飲みたい
あの人たちに淹れてあげたい



そんな気持ちになるんですねコーヒーって。
友達の家とか
実家とか
キャンプとか
会社に持っていき仲間たちと楽しんでいます。

豆を選んだり
豆を挽いたり
淹れたり
飲んだり

こだわりの道具や一連の動作が男っぽい感じもいいです。


ちなみにお気に入りのコーヒーは
徳島のアアルトコーヒーです。

こんな感じでコーヒーを楽しんでいます。

*************************


市場かご・・・・大井川の山奥のお土産やさんで800円で買った。
サーバー・・・・コーヒーメーカーが壊れたのでサーバーだけ使っている
ミル・・・・・・・実家に眠っていたものを引っ張り出す
ポット・・・・・これだけは奮発して購入
ガスバーナー・・プリムス、キャンプ道具より

自慢は市場かごです!

あまりこだわってないですね。。。
=======================================================


「旅を愛する全ての人へ」のテーマのもとデザインされたノートの
デザインチームの141さん。アウトドアの達人!
http://www.midori-japan.co.jp/tr/



珈琲が飲めない僕の話

いろいろな方の、「MORE COFFEE」なスタイルをご紹介する
このコーナー、今回は「MORE COFFEE」のトレードマークを
デザインしてくれた、はっちさん。


この珈琲企画を真っ向から否定するタイトルの通り、僕はコーヒーが飲めません。

コーヒーの何がダメかというと、まずニオイです。
あのコゲた苦みのあるニオイを嗅ぐと、こめかみあたりがツィーンと痛み出します。 

先日、どこからともなく強いコーヒーのニオイがしてきました。早速頭痛です。
「コーヒー飲んでるの誰だよ」と、チッと思いながら気づきました。
僕がいたのはスターバックスコーヒー。スタバはコーヒーの店です。
コーヒーが飲めないくせに、スタバに腰を据えて書き物をする方が間違いっていう話です。

それから味。特に酸味と苦みが混ざった味が苦手です。
…そもそも身体が受け付けないので苦手も何もないんですけど。

ニオイと味の拒否反応の次は身体の異変。
この異変がなんとも表現し難く、頭痛から頭の中がモァーンとした感じになり、更に胃や腸が活発に動き出したりもしているようで、コーヒーを飲んだ日は一日中お腹がギュルギュル、頭がモアンモアンしてしまいます。

スイーツに関しても香料系なら大丈夫で、コーヒーの粉を使っているものはNG。
実際口に入れてみないと分からないんですが、コーヒー牛乳やコーヒーゼリーの類いはOKなものとそうでないものがあったりして我ながら面倒です。

という訳で、普段はもっぱらお茶がメイン(最近では緑茶で体調がおかしくなることがあるほどなんですが)。打ち合わせに行くと出て来るコーヒーは飲みますが、あまり喜ばしくはありません。僕からすれば、あの「来客用にはとりあえずコーヒー」って変な習慣だと思います。お茶でいいじゃないかと。


カフェインか?それとも苦みか?と色々探ってみたものの、未だ原因は分からず。アレルギーでもあるんでしょうか(…と、これ書いてる間に頭痛がしてきました)。


僕にとっては「コゲた豆から出た苦い茶色い汁」でしかないコーヒー。
実は最近、そんなコーヒーを楽しみたくて仕方ないんです。

もしコーヒーを飲めていたら、ケメックスや手動ミルなんかは絶対買ってるはずだし、あそこのコーヒーはどうだとかいう話もしたいし、アウトドアで楽しんでみたり、豆を取り寄せたり、焙煎なんかもしてみたり。

…と、あらゆる妄想をしてみても、やっぱり飲めないものは飲めない。


今日もスーパーで買ったティーバッグの紅茶を飲みながら、
心の中で小さく舌打ちをしたのでした。

============================


はっち(石川県)/イラストレーター